もし、うつ病になったら?

うつ病の治療をする場合、病院はどの科に行ったらいいか悩む人は少なくありません。

その場合は迷わず精神科に行ってください。



■精神科と心療内科どっちがいいの?


精神科というと普通の方はちょっと避けたいと考えて心療内科に訪れる人がいます。


心療内科の場合は精神的な原因で肉体的な病が発症した人を主に診療します。


例えば、神経性胃炎やストレス性胃潰瘍など。


もちろん、医師ですので抗うつ剤を処方することはできるのですが、

うつ病患者に対して最適な薬を処方されているかは別問題です。


心療内科が絶対ダメというわけではありませんが、うつ病を治すのであれば

始めから精神科に行くべきです。


うつ病はタイプによって治療法が変わり、症状によっても当然、薬も変わるからです。



■うつ病の薬って?


うつ病では主に以下の薬が使われます。


・抗うつ剤


・精神安定剤(気分安定剤)


・抗不安薬・睡眠薬(睡眠導入剤)


を使用します。


それぞれの薬は、ものによっては何十種類もあります。


その中から精神科医が症状にあわせて判断しながら薬を組み合わせて処方します。



■精神科の治療ってどんなことするの?


殆どの場合「具合はどうですか?」と症状を聞くだけで、診療時間は5〜30分程度です。


特に心配することはありません。



今までに2000人以上のうつ病の方を克服させた!
あの芸能人も絶賛した話題のうつ病克服法とは!?


>>俳優の萩原流行さんも納得!うつ病を克服させる意外な方法はこちら!