うつ病の接し方

あなたの周りにうつ病の人がいらっしゃるでしょうか?


もし、身近にうつ病で悩んでいる人がいるのなら接し方も考えなければいけません。


特に「がんばれ」とか励ます言葉は禁句です。


では、どのように接すればいいか?


多くの方は悩まれるようですが、基本的には



・何もしない



これが正解です。


励ましたところで、うつ病が治るわけではありません。


相手から話し掛けてきたら話を聞いてあげる程度でいいでしょう。



■特に注意点としては次の事を守るようにしましょう。


・無理に声をかけたり励まさない


・気分転換をさせようとしない


・相手が求めなければ関わらない



これが正しい接し方です。



ですが、注意が必要な場合もあります。



それは、明らかに様子がおかしい場合です。



うつ病の人は自殺願望を持ったり、自殺願望が無いのに無意識に電車に飛び込む場合が

あります。


ですので、行動がおかしい場合、気をつけてあげることが大事です。


うつ病でつらい思いをしているのは本人ですので必要以上に責め立てるのは止めましょう。


無理やり何かをさせればうつが回復するというものではありません。


回復するのは少し気長に待ってあげるぐらい気持ちでいてください。



今までに2000人以上のうつ病の方を克服させた!
あの芸能人も絶賛した話題のうつ病克服法とは!?


>>俳優の萩原流行さんも納得!うつ病を克服させる意外な方法はこちら!