老眼対策!老眼を回復させる!TOP > 老眼の知識 > 老眼治療のカメラインレーとは?


老眼も改善!徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

老眼・視力低下でお悩みのあなた!

徳永式視力回復プログラムでは、1日10分聞くだけで、レーシック手術が必要なくなる程、視力がアップします。

視力アップ率95.8%!23年間、10124人の実績!

老眼も回復!

先ずは詳細ページをご覧ください。

 



老眼治療のカメラインレーについて


老眼の治療法というのは昔にはなく、一般的には老眼鏡で対処して
きましたが、最近は様々な治療法も開発されていて、老眼治療には、
高周波を使って手術するCK治療法や眼の中にレンズを埋め込む
眼内レンズ埋め込み手術なんかがあります。

だんだんと国内でもこのような手術が受けれるようになってきました。

また、老眼手術の1つでカメラインレーというのがありますが
このページで解説していますので参考にしてみてください。


カメラインレーとは?

カメラインレーの手術では、眼の角膜にカメラインレーと言う物を埋め込む
手術になります。

カメラインレーとは、リングのような形をしたシートになり、
レーシック手術の際に作成するフラップの下に挿入する形で埋め込まれます。

真ん中に穴の開いたリング状になっているので、近くが見えやすくなるんですね。

これって、よく黒いメガネで小さい穴がボツボツとたくさん開いた矯正メガネと
これと同じ理論になります。
(今でも、視力回復グッズなんかで販売されています)

これは、ピンホール効果により、視力を回復させる効果があるんだそうです。

正確には、これで老眼が治るのではなく、自然に目の機能が訓練される
といった方のが正しいでしょう。



カメラインレーのメリットと可能性!

カメラインレーが注目されている理由としては、近視と老眼の両方を同時に
解決できると言われて人気があります。

もちろん、国内でも手術を受けることが出来ます。

これまでは、近視で老眼の人がレーシックを受けると老眼鏡が必要になることも
多かったのですが、カメラインレーが出てきたおかげで乱視や遠視も矯正
できるようになったのです。

だんだんと医療も進歩していきますので、老眼や近視で悩んでいるなら
このような手術を検討してみてもいいでしょう。