老眼対策!老眼を回復させる!TOP > 老眼の知識 > 老眼用の遠近両用眼内レンズ


老眼も改善!徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

老眼・視力低下でお悩みのあなた!

徳永式視力回復プログラムでは、1日10分聞くだけで、レーシック手術が必要なくなる程、視力がアップします。

視力アップ率95.8%!23年間、10124人の実績!

老眼も回復!

先ずは詳細ページをご覧ください。

 



老眼用の遠近両用眼内レンズについて


遠近両用眼内レンズは老眼を治療する方法の1つとして開発された
ものになります。


このページでは遠近両用眼内レンズについて説明しているので参考に
してください。


遠近両用眼内レンズとは?

はじめに、遠近両用眼内レンズと遠近両用コンタクトを混同している人が
いるようですが、コンタクトレンズと眼内レンズは全く違うものになるので
注意してください。


コンタクトレンズは自分の視力に合わせて、必要な都度、自分で着脱して
使う矯正器具です。

ですが、眼内レンズの場合は、眼の中にレンズを埋め込む手術になります。

元々、眼内レンズというのは、白内障の人が視力回復の為に使われた
手術だったのです。

医療の進歩とレンズ性能が格段とアップしたことにようり、現在では、
様々なレンズがあり、いろんなケースで使われています。

・遠近両用眼内レンズとは、その発展した形の眼内レンズの一つです。

遠近両用メガネや遠近両用コンタクトと同様に1枚のレンズの中に二つの焦点を
持った特殊なレンズになります。

日本で使われている遠近両用眼内レンズには以下の2種類です。

・近くと遠くの二点に焦点を持ったレンズ

・遠くと中間の二点に焦点を持ったレンズ


また、その両方を組み合わせることで、近く・中間・遠くの全てに焦点を
合わせられる治療法なんかもあります。

しかし、この手術では、大掛かりな手術となってしまい、価格も高額な
治療法になります。

また、コンタクトレンズと同じで「馴染み難い」といった理由で簡単に
着脱することができません。

現在では、白内障治療の一環といった特別な理由がなければ、ほとんど
使われないようです。