老眼対策!老眼を回復させる!TOP > 老眼の知識 > 近視・遠視・老眼の関係性について?


老眼も改善!徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

老眼・視力低下でお悩みのあなた!

徳永式視力回復プログラムでは、1日10分聞くだけで、レーシック手術が必要なくなる程、視力がアップします。

視力アップ率95.8%!23年間、10124人の実績!

老眼も回復!

先ずは詳細ページをご覧ください。

 



近視・遠視・老眼の関係性について?


よく勘違いされている方がいるのですが、老眼と遠視を混同して
老眼は遠視になるのだと思っていたり、近視の人は老眼にならないから
平気なんて間違った知識を持っている人が多いようです。

おそらく、近視は近くはよく見えるけど遠くがよく見えない症状で、
それに対して老眼は近くのものが見えにくくなる症状という考え方から
来ているのだろうと思われます。

このページでは、そんな間違った知識を持たない為にも近視・遠視・老眼の
関係性について解説していますので参考にしてください。



近視・遠視・老眼の関係性は?

老眼の特徴として・・・

・近くのものが見えづらくなる

・新聞や本の文字が見えづらくなる

・針に糸を通すのが難しい


など、不便になったりしますね。

では、老眼では近くのものが見えづらくなり、遠くのものが
よく見えるようになったりするのかなんですが・・・

実は違います。

近くのものが見え難いというのは、確かに老眼と遠視は一緒なのですが、
その要因は全く違うのです。

遠視では、目のピントを合わせる焦点がずれているので遠くに
ピントがあってしまい近くが見えづらいという症状になります。

老眼というのは老化現象が原因でピント合わせ機能が
うまく働かなくなる症状なのです。

ですので、遠視と近視は全く逆の症状の視力障害になりますが、
近視と老眼は逆の視力障害ではないのです。

そのため、遠視と近視が同時に発症することはないのですが、
近視と老眼が同時に発症することはあります。

近視の人が老眼になるってしまうと、これまでは眼から至近距離に
あっていたピントが、少し遠くになるというだけなんですね。

このため、近視の人が老眼になって、メガネやコンタクトを外せば
普通の視力になるというわけではないのです。

お分かりいただけましたでしょうか?