老眼対策!老眼を回復させる!TOP > 老眼の知識 > 老眼用コンタクトは?


老眼も改善!徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

老眼・視力低下でお悩みのあなた!

徳永式視力回復プログラムでは、1日10分聞くだけで、レーシック手術が必要なくなる程、視力がアップします。

視力アップ率95.8%!23年間、10124人の実績!

老眼も回復!

先ずは詳細ページをご覧ください。

 



老眼用コンタクトについて


老眼用のコンタクトはどうなのものでしょうか?

このページで解説していますので参考にしてみてください。


老眼用コンタクトって?

老眼用コンタクトとは、遠近両用コンタクトのことを指します。

老眼鏡で例えると分かりやすいです。

メガネの上半分では遠くを見るために作られていて、下半分は、
近くを見るために作られていますよね。

老眼用コンタクトも同じで、レンズの一部は遠くを見るため、
一部は近くを見るためにつくれた老眼用のコンタクトレンズなのです。

これを使う人は、もちろん老眼鏡を掛けたくない人ですよね。

メガネをすると印象も変わりますからコンタクトをすれば言いわけです。

また、普段からコンタクトレンズを使っている人は、扱いなども
慣れているので、老眼になってきたので使ったという人も多いです。


老眼用コンタクトは難しい?

老眼用コンタクトでは、レンズの中で遠近両用となっていますので、
上手に物を見れるようになるにはコツがあるようです。

誰でも簡単に使いこなせるというものではなさそうです。

メーカーによっては、テスト期間を設けているところもあり、
テストしても上手に使えないといった理由で諦める人も多いんだとか。

また、今まで視力矯正なんて関係なかった人が老眼になって
いきなりコンタクトを求めるて言うのは少ないようです。

近視の人が老眼になっていくと、近くも遠くも見えないといった感じになるので
それで、遠近両用のメガネやコンタクトなどを使うのです。

でも、老眼用のコンタクトは上でも書いた通り、誰にでも簡単に適応で
きるものではありません。

近視用のコンタクトを装着しながら老眼鏡を掛けるとかして対応する人が
多いのですよね。

他には、遠視用のコンタクトを装着しながら近視用メガネや遠近両用メガネを
併用するという人もいるのです。

要するに老眼用コンタクトは慣れるまで難しく大変と言うことなんです。

お分かりいただけましたでしょうか?