老眼対策!老眼を回復させる!TOP > 老眼の知識 > 老眼鏡の種類について?


老眼も改善!徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

老眼・視力低下でお悩みのあなた!

徳永式視力回復プログラムでは、1日10分聞くだけで、レーシック手術が必要なくなる程、視力がアップします。

視力アップ率95.8%!23年間、10124人の実績!

老眼も回復!

先ずは詳細ページをご覧ください。

 



老眼鏡の種類について?


老眼が気になり物が見え難くなったら老眼鏡を作ってみても
いいかもしれません。

現在では、老眼鏡にも様々な種類がありますから、使用目的などを
きちんと考えて上手に使い分けることが大切と言えます。


老眼鏡の種類

老眼鏡の種類については、以下のようなものがあります。

・遠近両用タイプ

・中近用タイプ

・近用ワイドタイプ

・近用単焦点タイプ


などです。詳しくはこの下をご覧ください。


・遠近両用タイプ
こちらは、近くの物だけではなく遠くの物も見えるようになっていて、
その時々で老眼鏡を交換する必要がありません。

ですので、日常生活にとても便利なタイプで人気があります。


・中近用タイプ・・・
こちらは、近距離あるいは中距離にある物を見るための老眼鏡です。
遠くの物にピントが合わないので、車の運転などには使用することが
できません。

どちらかというと主に室内で使用するタイプになります。


・近用ワイドタイプ・・・
視界に奥行きを持たせているのタイプで、例えばパソコンを使用する時、
キーボードとモニタのどちらも良く見えるように設計された老眼鏡になります。

主にパソコンを利用する際に使用するタイプと言えるでしょう。


・近用単焦点タイプ・・・
こちらは、ごく近距離にある物を見るための老眼鏡になります。

遠くの物や中距離の物にはピントが合わないので、その場合には老眼鏡を
交換する必要があります。

特に新聞や本など文字を読む場合などに使用する近くので、作業などを
集中する場合に最適なタイプの老眼鏡になります。


老眼鏡の度数チェックしよう!

もちろん個人差はあるのですが、度数は二年から三年で変化していきます。

一般的には、老眼鏡を使用し始めの頃は度数の進行も速く60歳を過ぎる頃から
進行速度は落ち着いてくるようです。

ですので、こういったことも踏まえて二年に一度は老眼鏡の度数チェックを
することをお勧めします。