首のこりをほぐす!首こり・首痛を解消させる!TOP > 首こり・首痛について! > 変形性頚椎症について!

変形性頚椎症について!

首がこるのであれば、マッサージなどをするのが効果的なのですが、
首についてもう少し詳しく知っておいた方がいいと思います。

そこで、首の病気で変形性頚椎症と言うのがあるのですが、今回は
この病気について調べてみましたので、是非、参考にしてみてください。


変形性頚椎症とは・・・

変形性頚椎症」と聞いても、この病気にかかったことがない方には
ピンとこないかもしれないでしょう。

では、変形性頚椎症とは一体どのような病気なのでしょう?

先ず、頚椎ですが、頚椎は背骨のうち、首の部分を構成している骨のことを
指します。

この頚椎は七つの椎骨(ついこつ)と呼ばれている骨から成っていて、
上から順に第一頸椎、第二頸椎と呼びます。


椎骨と椎骨の間には中がゼリー状になっている椎間板と呼ばれているものが
挟まっているのですが、これが骨と骨とのクッションのような役割を
果たしています。

もし、この椎間板の弾力性が失われて、クッションの働きが弱くなると、
椎骨同士が擦れあったり、椎間関節が磨り減ったりして、骨棘(こつきょく)と
呼ばれている骨の突起物が出来ます。

骨棘は神経を刺激することもあるので、それで首の痛みや手のしびれと言った
症状になります。


これが変形性頸椎症なんですね。

変形性頸椎症の初期症状は、肩コリのような症状が続くのですが、
骨棘が大きくなるに従い次第に神経を圧迫していくようになります。

そして、首や肩、背中の痛みやしびれが次第に強くなっていきます。

その原因ですが、主に加齢による椎間板の変性だと言われているのですが、
以前に激しいスポーツをしていたり、頚部を頻繁に動かすような作業を
したりしていた方にも症状が表れたりしているようです。


また、初期の状態なら、薬物や装具の装着、マッサージなどによる治療が
行わるのですが、症状が下半身のしびれにまでに及ぶようになると、
手術となる場合もありますので、注意が必要になります。

 



「変形性頚椎症」いかがでしたか!

変形性頚椎症は加齢によることが原因とも言われていますので、
ある程度の年齢で首がこる、または、首が痛い症状ならこの
変形性頚椎症を疑ってみてもいいかもしれません。

あまりにも酷いようですと、手術しなくてはなりませんので、
心配な方は、1度病院で診察するようにしてください。


【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!