首のこりをほぐす!首こり・首痛を解消させる!TOP > 首こり・首痛について! > 首痛は枕が原因?

首痛は枕が原因について

首のこりや首痛で悩んでいる人の場合、何かしら原因があるはずです。

普段の生活で体を無理していないか?

長時間、同じ姿勢をしている?


などですね。

でも、どちらも当てはまらないと言う方の場合、もしかしたら枕に原因が
あるかもしれません。

では、詳しく解説しますので、参考にしてみてください。


首痛は枕が原因?

安眠するには、自分に合う枕を選ぶのも大切な要素の1つだと言うのはどなた
でも知っていますよね。

しかし、枕が悪いと首を痛めてしまう可能性があると言うことはご存知だったで
しょうか。

自分に合った枕を使用しないと、寝ている間に首に負担が掛かってしまうので、
起きた時の肩コリや首こりの原因にもなってしまいます。

でも、それは一体どのような理由からなのでしょうか。

先ず、枕の役割から考えてみます。

枕は、布団に寝た状態の時に、自然に直立した時のような緩やかな
S字カーブの姿勢を保てるようにする為のもので、布団と首の間に
出来る隙間をピッタリと埋める役割があります。


その時に、枕が低過ぎてしまうと、首が伸びて顎が上がった状態になりますよね。

すると、頚椎が後方に反ってしまい、椎間板を痛めてしまう可能性もあります。

そして、その逆に枕が高過ぎると顎が引けたような状態になります。

この場合は、不自然な姿勢になってしまい、靭帯が無理に伸ばされて、
寝違えを起こしやすくなってしまいます。

このように、枕は低過ぎても高過ぎても首に負担がかかってしまい、
その結果として首を痛めてしまいます。

ですので、枕を選ぶ時には、頚椎が自然な湾曲を保てるような高さで、
後頭部から首にかけて一定の圧力で支えてくれるような枕が理想です。

大人では、だいたい5〜7cm程度の高さが無難です。

寝ている間に枕によって自然な姿勢に体を戻してあげる事で、
首の血液の循環やリンパの流れもちゃんと正常に戻すことが出来ますので、
なるべく自分に合った枕を選ぶようにしましょう。

 



「首痛は枕が原因」いかがでしたか!

枕が悪いのが分かっていても、なかなか別の枕を購入しないものですよね。

でも、長い目で見たとき、やはり自分の枕で寝ているのとそうでないのでは
明らかに違いは出てくるでしょう。

ですので、もし、首こりや首痛、また、肩こりがあるなんて方は、今使っている
枕は、自分に合っているかどうかをよく確認するようにしましょう。


【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!