首のこりをほぐす!首こり・首痛を解消させる!TOP > 首こり・首痛について! > 顎関節症と首こりの関係は?

顎関節症と首こりの関係について

首こりって意外とつらいですよね。

もし、首がこるようであれば、何かしら対策をしたほうがいいですね。

でも、自己流のやり方でマッサージなどをしてもあまり効果がないって方も
いるようです。

もしかしたら、原因は首にあるのではないかもしれません。


顎関節症と首こりの関係

普段から首こりで悩んでいる方は多いようですが、マッサージや指圧を
行ってもその症状がなかなか改善されないなんて場合は、もしかしたら、
顎関節症を疑ってみた方がいいかもしれません。

では、顎関節症と首こりの関係性にはどういったことがあるのでしょう。

先ず、顎関節症なのですが、これはあごの関節(顎関節)に何らかの異常が
ある症状になります。

顎関節は耳の穴のちょっと前にあるのですが、口の開閉を行うと骨が動く
箇所になります。

この部分に指を当てて口の開閉を行うと、分かりやすいでしょう。

この部分に痛みがある、音が鳴る、口が開けづらいと言った症状が
あるようなら、顎関節症の可能性が高いです。

顎関節症の主な原因としては・・・

・顎の骨のズレや骨盤の歪み

・首や肩のコリ


などがあるのですが、顎の関節自体が悪い為に発症しているケースは
少ないようです。

そのため、顎関節の周辺だけを治療するのではなく、整形外科などの
専門医の治療により、骨盤の歪みを治すようにしたり、首や肩のこりの
原因である背中や胸、腕の筋肉の強張りを和らげるようにすると、
顎関節症の症状はほとんど改善されます。

要するに、首こりがなかなか治らないのであれば、本当は、顎関節症の
原因となっている骨盤の歪みが首コリを引き起こしている可能性があるって
ことです。

そして、顎関節症で顎の関節に何らかの異常がある場合には、背中や胸、
腕の筋肉のこりが原因となり、症状を引き起こしていることも考えられます。

 



「顎関節症と首こりの関係」いかがでしかた!

ちょっと難しいかもしれませんが、マッサージ等を行っても首こりが全然、
改善されないようなら、顎関節症を疑ってみましょうと言うことです。

もし、口が開きづらい、口を開く時痛みがあるのでしたら、顎関節症の可能性が
高いと言えます。

ですので、顎関節症と首こりと言うのは、深い関係性があると言えるでしょう。


【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!