腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > 腱鞘炎の知識 > 腱鞘炎の薬では・・・?

腱鞘炎の薬について

もし、あなたが腱鞘炎で痛みや違和感、または痺れなどを感じるようになったら、
整形外科を受診しましょう。


腱鞘炎の薬

一般的に出される薬は・・・

・内服薬

・塗り薬

・湿布


などが処方されます。

また、どうしても病院に行く時間が取れない時には、ドラッグストアなどで
売られている湿布やスプレーなどを購入するのもいいでしょう。

その際に必ず効能の欄を確認してください。

「腱鞘炎」と明記されている商品であれば大丈夫です。

インドメタシンやフェルビナク配合されている物が効果的でいいでしょう。

一時的にでも症状が緩和されるので、症状の具合にもよりますが、
少しは楽になると思います。


テーピングを使う!

患部に負担を掛けないようにテーピングなどで固定する方法もあるのですが、
この場合、1〜2週間ぐらいで痛みが引いてくると思いますので、
痛みが引いた後は徐々に動かすようにして、腱が固まらないように
意識してみてください。


痛みが我慢できない場合

どうしても痛みが強くて我慢できないなんて人もいるでしょう。

その場合は、ステロイドを注射する方法があります。

このステロイドは即効性や効果が高く、1回の注射で症状の改善が
期待出来るために、短期間で治したい場合にもお勧めです。


ステロイド注射の注意点

ステロイドを注射するには、腱と腱鞘の間に確実に薬液が入らないと
効果が現れににくいので医師の腕によっては効果が薄れることもあります。

また、副作用の症状として

・吐き気
・気分が悪くなる


という人も稀にですがいるようです。


以上が一般的な治療薬になりますが、それでも痛みが引かない場合は
患部を手術する方法もありますので、よく医師と相談をするといいでしょう。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。