腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > 腱鞘炎の知識 > 腱鞘炎の原因は?

腱鞘炎の原因について

腱鞘炎でお悩みのあなた!主な原因をご存知でしょうか?

簡単に説明すると手や指などを使いすぎたことが原因になります。

持続的に負荷が腱や腱鞘に頻繁に掛かることによって、
お互いの動きが悪くなり、炎症を起こしてしまうためです。

特に単純作業を繰り返すような場合です。

例えば・・・・

パソコンのキーボード入力やマウス操作

データ入力の仕事をされている方などは首や肩、腕、手、指などに
疲れが溜まりやすいので、発症しやすいと言えます。

もちろん他にもあります。

テニスやバトミントン、卓球といった手首を使うスポーツなんかも
そうです。

楽器を弾かれる方であれば、ギターやピアノなども指を酷使しますので
腱鞘炎になりやすいと言えます。

ですので指を酷使する楽器演奏者は、特に注意が必要なのです。


発症箇所は?

腱鞘炎の発症箇所は手だけではありません。
腱が存在している足もになります。

かかとのアキレス腱や足の甲側を通っている腱は、陸上競技などで
酷使するので炎症が起こりやすくなる箇所だと言えるでしょう。

注意することは、激しい運動をする場合には、疲労を残さないよう
十分に気をつけることが大切です。

腱鞘炎は長年の筋肉過労が原因で指の動きを悪くすることもあるので
「使い過ぎ症候群」なんて呼ばれ方もします。


手やひじに痛みや違和感があったら?

もしあなたが普段から肘が痛かったり、しびれたり、腕の調子がおかしいなど、
日常生活において支障をきたす場合は、医師に診てもらうのいいでしょう。

また、姿勢にも関係していて、体の一部にだけ負担が掛かっている場合にも
人によってですが、腱鞘炎の原因になる場合もあるのです。

ですので、姿勢が悪くないかどうかを鏡の前で見てみるのもいいでしょう。

先ずは、自分で出来る事はやって予防や改善するように心がけるのが大事です。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。