腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > 変形性肘関節症の治療法

変形性肘関節症の治療法!

変形性肘関節症の治療法について・・・

変形性関節症のうち、変形性肘関節症と言うのは稀に発生するのですが、
その治療法には一体どのようなものがあるのか説明します。

変形性肘関節症の治療法では、関節症が軽いのであれば保存療法を行います。

保存療法には・・・

・消炎鎮痛薬などによる薬物療法
・患部を温める温熱療法
・関節内注射


などがあります。

もちろん、日常生活にでは、肘にあまり負担をかけないようにする事が大切です。

肘の関節にかかる負担を軽くする為には、腕の筋力アップなども有効で、
肘の動きを良くする運動を取り入れるとさらに良いでしょう。

しかし、保存療法の場合は、たとえ痛みが軽くなっても、変形性肘関節症の
進行を抑えられた訳ではありません。

ですので、根本的な変形性肘関節症の治療を行うには、やはり手術療法を
行う事になります。

手術療法では、尺骨神経が締め付けられている場合には肘部管症候群と言って
オズボーン靭帯の切離と上腕骨内側顆部切除術を併用して行います。

橈骨頭を骨折した後に、前の腕がスムーズに動かなくなり、日常生活に支障が
ある場合では、橈骨頭切除術を行います。

また、関節を動かせる範囲が狭くなった場合には、改善する為に関節内の
遊離体を摘出や、骨棘や炎症滑膜の切除する関節形成術になります。

もし、変形が進んでいる「リウマチひじ」のケースでは、肘の関節を摘出して
人工関節に置き換える手術もあります。

手術を行った後は、無理をすると再び症状が進行する事もあるので、
手術したとしても、その後はあまり肘を酷使しないよう心掛ける事が
重要です。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。