腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > 変形性肘関節症とは?

変形性肘関節症とは?

変形性肘関節症について・・・

変形性肘関節症とは、肘関節の軟骨がすり減り、肘に痛みや変形などが
発生する退行性疾患で、変形性関節症のうち、肘での発生率は1〜2%と
ごく稀だと言われているようです。

しかし、最近では、パソコンなどの普及により発生率は少しずつ上昇傾向に
あるようで注意が必要です。

軟骨は、骨にかかる衝撃を和らげるクッションのような役割を果たして
いるのですが、この軟骨の部分がすり減ってしまうと、硬い骨同士が
直接触れ合う事になります。

するとどうなるか?

骨と骨が擦れ合うと、骨の端には「骨棘」という骨のトゲが出来るので、
それらが神経を圧迫したり、刺激したりする事で痛みや変形などの症状が
発症すると言う訳です。

当然、左右両方の肘の関節に発症する可能性というのはありますが、
一般的には利き腕側の肘に発症する事が多いとされています。

変形性肘関節症の主な原因としては、これは肘の使い過ぎによるものと
考えられていて、実際には、野球などのスポーツ選手だったり、大工職の
ような仕事で、長年にわたって肘を酷使してきた人に多く見られます。

ですが、一部では、肘の骨折や脱臼、関節炎の後遺症や血友病、
先天異常などに伴って発症する場合もあるのです。

他にも、原因がよくわからず、はっきりしないような加齢に伴う症状の
場合には、一次性変形性肘関節症とも呼ばれています。

もし、肘を動かすと痛みを感じ、除々に肘の曲げ伸ばしが困難になっているなら
早急に整形外科を受診するようにしましょう。

そのまま放って置くと、肘の関節が動かなくなってしまう場合もあるので、
注意する必要があります。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。