腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > ヘバーデン結節とは?

ヘバーデン結節とは?

ヘバーデン結節

ヘバーデン結節と言う病気は、指の第一関節の背側、要するに、手の甲側に
出来る骨の変形による膨らみの事を指します。

これは、指の第一関節の骨関節炎で、リウマチと間違えられる場合もありますが、
リウマチとは異なる病気になります。

ヘバーデン結節の主な症状には、人差し指から小指にかけての第一関節が、

・強く握るとズキズキと痛む
・赤く腫れたる
・変形する


などの症状が現れます。

また、ガングリオンと言って水ぶくれのような嚢腫が出来る事もあります。

ヘバーデン結節になってしまうと、指先に力が入らなくなるので、
手を強く握る事も困難になり、動きも悪くなります。

ですので、日常生活にも支障をきたすことが多いとされています。

このへバーデン結節の発症の原因と言うのは不明と言われているのですが、
加齢や指先への負担が大きい事が原因とも考えられています。

一般的に40歳代の女性が比較的多く発症している傾向にあります。

発症年齢を平均してみると、おおまかに55〜56歳ぐらいで、
男女の比率は1対10と圧倒的に女性の比率が多いというのが特徴です。

また、男性の場合では、発症の平均年齢は高くなる傾向があるようです。

もし、指の関節に痛みを感じた場合のなら、リウマチと言う可能性もあるので
早目に病院に行き診察した方が良いでしょう。

レントゲンで調べると、ヘバーデン結節か関節リウマチかはすぐに判断が
つきます。

また、痛む部分が指の第一関節から他の部分にも広がっていくと言う場合も、
ヘバーデン結節以外の病気と言う可能性もあるので、早めに専門医の診断を
受けるようにしましょう。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。