腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > ヘバーデン結節の治療法

ヘバーデン結節の治療法!

ヘバーデン結節の治療法

バーデン結節は関節リウマチの症状とも似ているですが、この治療法について
説明します。

ヘバーデン結節の治療法には、整形外科では電気治療が一般的に行われています。

カイロプラクティックでは手根骨や指の矯正を行い、負担を軽減させる処置を
します。

他にも、飲み薬や貼り薬、塗り薬、患部へのテーピングなどが主な治療法に
なります。

テーピングを行うのであれば、幅の細いテープを使って、第一関節の周りを
ぐるぐると巻き、関節が動かないようにしておきます。

そうすることで、患部の固定効果だけではなく、関節の変形予防にも
繋がるでしょう。

関節の痛みや炎症が強いのであれば、非ステロイド消炎鎮痛剤を利用したり、
軟こう塗布を使った治療を行います。

一般的には、ヘバーデン結節は手術にまでにはならないとは思いますが、
あまりにも関節の変形が酷くて痛みがあるような場合で、さらに日常生活に
支障をきたすようであれば、第一関節の関節形成術などの外科的手術を行う
事も稀にあるようです。

ヘバーデン結節は、加齢に伴い発症する変形性関節症の1つになるのですが、
他の関節や部位にまで痛みや炎症が広がるという事はありません。

ほとんどの場合、治療を行う、行わないに関わらず、一定期間を過ぎると
自然と痛みや炎症は改善されていくでしょう。

もちろん、個人差もあるとは思いますが、数年のうちには多少の指の変形を
残して、ヘバーデン結節の症状はなくなるようです。

ですので、焦らず気長に治療するようにしてください。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。