腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > 肘部管症候群の治療法

肘部管症候群の治療法!

肘部管症候群の治療法とは?

肘部管症候群の治療法は、その症状によって異なります。

症状が軽いのであれば、薬物治療として痛み止めや筋弛緩剤、胃腸薬や
ビタミン剤などで経過観察になります。

肘を安静にする事や、少量のステロイド注入、ブロック注射、温浴療法、
電気刺激療法なども有効な治療です。

これらの治療で効果が見られない場合や骨に変形がある場合、
筋肉にやせ細りの症状、また、特に手の甲の親指側のふっくらとした部分が
痩せてきている場合などには、手術が必要になります。

この手術では、靭帯を切りトンネルを開いて、神経の圧迫を取り除いたり、
神経の緊張が強い時には筋肉を神経の下に移動させたりします。

また、骨を切って変形している部分を矯正して、神経麻痺を治す
矯正骨切り術を行う場合もあります。

肘部管症候群は、症状が痺れだけの軽度な場合なら、薬物治療とリハビリで
回復するケースが多いとされていますが、運動麻痺の症状が現れて
重症化してから手術を行うと、回復までには相当の時間がかかるでしょう。

このようにならない為にも、小指や薬指に痺れや痛みを感じたり、
その症状が続いたりするようであれば、まずは整形外科を受診して医師の
診断を仰ぐようにしましょう。

特に、手や指の筋肉にやせ細りの症状や握力の低下を感じるのであれば、
早急に受診する必用があるでしょう。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。