腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > 肘部管症候群とは?

肘部管症候群とは?

肘部管症候群について・・・

肘部管症候群とは、肘関節の後ろにある尺骨神経が、肘の内側にある
「肘部管」と呼ばれている神経の通り道で、圧迫していたり、
引き伸ばされたりして起きる神経障害の事を言います。

神経が圧迫される主な原因には、長時間の重労働や加齢による肘の骨の変形、
子供の頃に肘を骨折した事などが原因として考えられているようです。

ちなみに、尺骨神経とは、肘をぶつけた時に電気が走ったような痛みや痺れと
言った症状を誰でも感じる事があると思いますが、それを感じる神経の事です。

もちろん、症状は麻痺の進行によって違います。

初期段階では、小指と薬指の小指側にしびれ感を感じるようになります。

麻痺が進行してしまうと、手の筋肉がやせてしまい、細かい動きが困難になり、
小指と薬指がまっすぐに伸びなくなり、鉤爪(かぎづめ)変型になったりします。

他にも、筋力も低下していくので、指を開いたり閉じたりする運動も
出来なる事もあり、握力も低下してしまうので日常生活でも支障をきたす
ようになってきます。

診断する時には、肘の内側のくるぶしの後ろを軽く叩き、ジンとした痺れや
痛みが指先に走るかどうかをチェックします。

また、電気で神経を刺激して筋肉が反応する速度を計測し、どのくらい
神経が痛んでいるのか、また、どの部分に神経障害が起きているのかなどを
チェックをする場合もあります。

肘に変形がある場合には、レントゲン検査を行って、肘の変形具合や関節の
隙間が狭くなっていないかどうかもチェックします。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。