腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > テニス肘とは?

テニス肘とは?

テニス肘について

テニス肘とは、よくテニスをしている人に多く見られる症状で
このような病名が付いていますが、テニスをやったこともない人でも
発症する可能性がある病気です。

テニス肘では・・・

・手を握る
・手を伸ばす
・物を持ち上げる


このような動作をすると肘の内側や外側に痛みを感じてしまいます。

テニスプレーヤーでは、一割の人が発症しているのではないか?

とも言われています。

テニスをやっている方では特に以下のような事を注意する必要があります。

・無理なフォーム
・間違ったフォーム
・長時間、テニスを行う
・重いラケットを使う


このらの動作を続ける事で筋肉や腱に負担がかかり、肘が痛む可能性があります。

もちろん、テニスをしない人でも、手や肘を使うハードな仕事はもちろん、
日常の家事などでも筋肉や腱に負担がかかり続けると、テニス肘にる可能性は
十分にあります。

また、加齢に伴い筋肉の衰えも影響するので、中高年の女性でも
家事により、テニス肘になったという例も多く報告されています。

テニス肘が悪化してしまうと、当然、握力も落ちるので上手く物が
掴めなかったり、持っている物を落とすなど、日常生活にまで支障を
きたすようになります。

さらに、症状が進行してしまうと、何もしていなくても痛みを感じるように
なってしまいます。

もし、テニスが原因で起きる場合ならバックハンド型、フォアハンド型、
サーブ型などに分けられることもあります。

ですが、症状の出方に少し違いがあるだけで、基本的には同じ病気です。

どれも同じように負担をかけすぎて炎症が起きてしまいます。

要するに、肘を酷使するような使い方は注意が必要ってことですね。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。