腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > 手根管症候群の治療方法

手根管症候群の治療方法!

手根管症候群について

手根管症候群の治療は、その原因が特定できているのであれば、
その原因を取り除くことが最優先となりますが、実はその原因が
特定できるケースは少ないのが現状のようです。

見た目で、明らかに手のむくみなどがあるという場合では、
そのむくみを取る必要があります。

一般的には炎症を抑える薬を服用しながら、電気療法や温熱療法などを行い、
血行を良くして神経への圧迫を和らげるという保存的治療が行われています。


原因は分かり難いとされますが、手根管症候群では手の神経が
圧迫されているケースが多いので、圧迫を取り除くために、
血行促進のための食事や、ストレッチなどをして血行を良くします。

また、神経の周辺で炎症が起きているのであれば、
その炎症を抑える必要がありますので、抗炎症剤や器具などを使い
手を固定させて使わないようにするなど、腱鞘炎と同じような治療法が
行われます。

場合によっては、副腎皮質ホルモン注射を打つこともあります。

ですが、慢性化になってしまい、痛みが激しくなるような場合では、
手術を行わなければいけません。

そのには、局所麻酔による手術で、掌を7センチほど切開する手術をします。

手術をしてしまえば、痛みや痺れはすぐに治まるのですが、
筋力を回復させるには、どうしてもリハビリしなければならず、
年齢によっては時間が掛かる場合もあります。

ですので、なるべく手術は行わず、保存療法で症状を改善させることが
一般的な治療方法になります。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。