腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > その他・手の病気 > 手根管症候群とは?

手根管症候群とは?

手根管症候群について

手根管症候群とは、原因不明の手のしびれ、痛みが起こり、
酷くなると筋萎縮を起こし、物をつかんだりすることが困難に
なってしまう手の病気になります。

この手根管症候群の原因には・・・

・腱鞘炎
・むくみ
・骨折
・腫瘤


など。

手の神経が慢性的な圧迫を受けることによって起こると考えられています。

始めは、神経の圧迫でしびれを起こし、やがて痺れから痛みへと徐々に
悪化していき、最終的には手が思うように動かなくなります。

最近では、人差し指・中指・薬指の三本に痺れを感じるなら、
手根管症候群を疑った方が良いと言われているようです。

ですので、もし、そのような症状を感じるのであれば、
なるべく早めに病院で診察を受けたほうがいいでしょう。

これ以外の原因として、人工透析やホルモンバランスなども
関係していると言われています。

この手根管症候群では、圧倒的に女性の方が多いとされ、
特に女性患者でもホルモンバランスが崩れ始める中高年女性や
妊娠中の女性に多く見られるようです。

また、症状としては、寝起きの時間前後に感じることが多く、
手指の痺れで目が覚めてしまうこともあるようです。

手根管症候群の症状が出始めの頃は、手をマッサージしたりすれば
症状は治まるようですが、要因を取り除かなければ、自然には完治せず、
悪化の一途を辿ります。

問題はその原因が特定出来ないケースが多いと言うことです。

筋萎縮を起こしてしまってからでは取り返しが付かなくなるので、
もし、症状を感じたら、出来るだけ早く病院に行くようにしてください。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。