腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!TOP > 腱鞘炎の治療法 > 腱鞘炎は電気治療で治す?

腱鞘炎は電気治療で治す?

整骨院では、腱鞘炎の治療で電気治療を使う場合があります。

この場合、マイクロウエーブなどの超音波や超短波、レーザー光線などを
発生させる機具を利用します。


SSP療法

針を使わなくてもツボの刺激ができ、鍼治療と同じような効果が
期待出来る低周波刺激療法で「SSP療法」と言うのがあります。

こちらは、SSP電極と呼ばれる小さな金属で作られた電極をツボに置き、
低周波通電を行う治療法になります。

痛みを感じる部分に電極を配置するだけでも効果がありますが、さらに、
ツボの位置を組み合わせていけば、高度な治療さえ可能となります。

また、当然の事なのですが、多少の電気でピリッとしますので、このような
治療を嫌う人もいるようです。


SSP療法の効果

SSP療法では、硬くなった体の筋肉をほぐし柔らかくする効果もあります。

腱鞘炎では、手はもちろんそうなのですが、肩や首、腕の凝りなども影響して
いる場合もありますので、このような器具を使い凝りをほぐせば腱鞘炎の痛みも
和らぐ可能性があります。

軽い腱鞘炎なら低周波刺激療法でマッサージに似た効果が期待出来るでしょう。


まとめ

電気治療の場合は人によっては効果があまり実感できないこともあるようなので
この治療を続けていてもいいのか?と不安になる人もいます。

そのような場合には医師にちゃんと症状等を伝えて、自分にあった治療法を
行うようにしてもらいましょう。

場合よっては病院を変えてみるのもいいでしょう。

腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。