腱鞘炎の症状とは・・・

腱鞘炎とは、腱に近い部分の関節を動かすと、「ズキン!」と感じるような
鋭く強い痛みや違和感が感じる症状のことを言います。

炎症している部分に赤い腫れを伴う方もいます。


困ることがある?

腱鞘炎の症状がひどくなってくると日常生活が困難となることもあります。

例えば・・・

・コップが持てない

・お箸が持てない

・洋服のボタンが留めれない


などです。

このようになると1人で生活するのが困難な状態と言えます。

症状が重い場合には、回復するまでに、かなりの時間を
要することもあるでしょう。


前兆がある

しかし、腱鞘炎は突然このような状態に陥るのではなく、
ほとんどの場合は前兆となる症状が現れています。

前兆としては・・・

・手首がだるく、なんとなく動きにくい

・関節に変な違和感がある

・腱の箇所が熱を帯びている感じがする

・軽い痺れがある


などです。

これらはその前兆と言えるでしょう。


軽度〜重症になる場合も

初期症状で軽度の場合は、痛みのある箇所を軽く揉んでマッサージしたり、
一晩寝て翌日になると痛みが消えていることもあるので、そのままに
しておく人が多いようです。

しかし、そのまま放っておくと、軽い痛みだったのが次第に重症化し、慢性的な
腱鞘炎になってしまう場合もあります。

ですので自覚症状が現れた時点で、炎症箇所を休めてあげることが大事です。

要するに無理はいけないということです。

特に指などの関節を動かす際にきしみを感じたり、「パキッ」などと
腱が腱鞘に引っかかっているような不自然な音がしたりする場合は
注意が必要です。


腱鞘炎・ばね指・テニス肘を、わずか14日で克服させる秘訣!


自宅で腱鞘炎・ばね指・テニス肘を克服させる方法です!

手首や指を安静にして1日中固定しなくても、手術や注射をしなくても
「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は自宅で克服できるってご存知でしたか?

この方法を試したところ・・・

わずか14日で手術もぜずに腱鞘炎とサヨナラできたなんて!

辛い腱鞘炎を克服したいのであれば、試してみてください。



 



<PR>