旦那のいびきを改善させる!TOP > いびき改善の知識 > いびきの手術、治療法は?


1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

いびきの事でお悩みのあなた!

1日10分でいびきを元から絶つ方法を公開中!

いびきが原因で丸1年間夫婦別寝室、離婚寸前だった私が、器具や手術に頼らずにいびきを克服し、夫婦円満に戻った方法を今すぐ知りたくないですか?




 



いびきの手術、治療法について


いびきは手術で治療する場合があります。

どんな方法かと言うと呼吸をしやすくするための手術になります。

特に以下のような場合は手術をした方がいいでしょう。

・扁桃が異常に肥大している場合

・口蓋垂が異常に長い場合

・鼻の疾患に悪化が見られる場合


に行われます。

もし、睡眠時無呼吸症候群であるのなら、放っておいては良くありません。

その場合は、的確な治療が必要になってきます。

手術もその1つです。


いびきの手術では

いびきや睡眠時無呼吸症候群の手術として、代表的な手術は
下記の二つが挙げられます。

・口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)

口蓋垂を含めた軟口蓋を切除し、喉の形を変える手術。
睡眠時無呼吸症候群に効果がある。

・レーザー口蓋垂軟口蓋形成術(LAUP)

口蓋垂をレーザーで焼き切る手術。
いびきと軽度の睡眠時無呼吸症候群に効果的。
UPPPよりも切除する範囲が狭い。

手術になると、そのリスクもあるので、第一選択肢とはならないようです。

場合によっては、気管切開も必要になってきます。

これらの手術の場合は、必ず専門医と相談することが不可欠です。

ちなみに、睡眠時無呼吸症候群の場合は健康保険適応になるので
金銭面では安心です。

鼻の疾患によるいびきの場合でも、手術が行われることがあります。

例えば・・・

・慢性副鼻腔炎

・アレルギー性鼻炎

・鼻中隔湾曲症


などが代表的な疾患です。

症状がひどい人が対象になります。

そして代表的な手術としては、

・鼻中隔矯正術

・下鼻甲介切除術

・鼻茸切除術


などの手術が行われます。

また、扁桃腺が大きい場合では、扁桃腺摘出術が行われます。

どのような手術の場合でも、専門医と十分に相談した上で
行う必要があります。

一概にいびきの手術と言っても、いくつかあり、切除とかするので
痛いとか怖いなんてイメージがありますよね。

でも睡眠時無呼吸症候群の場合は最悪、突然死にもなりかねないので
手術していびきを治さなければいけません。

今までどんな対策をしてもいびきが改善出来なければ、手術する手もある
と言うことを覚えておきましょう。