旦那のいびきを改善させる!TOP > いびき改善の知識 > 病院でいびき治療する場合は?


1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

いびきの事でお悩みのあなた!

1日10分でいびきを元から絶つ方法を公開中!

いびきが原因で丸1年間夫婦別寝室、離婚寸前だった私が、器具や手術に頼らずにいびきを克服し、夫婦円満に戻った方法を今すぐ知りたくないですか?




 



病院でいびき治療する場合について


「たかが、イビキぐらいで病院に行くなんて」

このように思っている人は少なくありません。

しかし、いびきの原因となる疾患がある場合には病院で
治療することが必要です。


いびきを病院で治療する場合は?

では、いびきを病院で治療しようと思ったら、
病院の何科にかかればよいのでしょうか?

もし、いびきの原因となる疾患がはっきりと分かっているのなら、
それに対応する科にかかるのが一番手っ取り早いですね。

例えば、鼻詰まりを起こしているのなら、普通に考えて耳鼻咽喉科を
受診して治療するといった流れになるでしょう。

でも、いびきの場合は、あまり自分では自覚しにくく、
明らかな原因がわからない場合も多い事も確かです。

もちろん、いびきの原因によって治療法も様々ありますので、
どの科にいったら分からない場合は、まずは睡眠障害専門の医師がいる
病院に行くことをお勧めします。


インターネットでも睡眠医療認定医を探すことは出来ます。

総合病院とかでは、睡眠専門の外来やいびき専門の外来を設置している
ところもありますので、このような病院であれば、検査から診断までスムーズです。

医療機関で受けられる治療としては、主に・・・

・内服指導

・生活指導

・医療器具装着(マウスピースなど)

・手術

・高周波治療

・持続陽圧呼吸療法


などがあります。

中でも、睡眠時無呼吸症候群では速やかな治療が必要になります。

睡眠中に呼吸が一時的に止まるので、体中が酸素不足に陥ります。

それにより、熟睡感が得られなかったり、日中に脱力感を起こしたりします。

「たかが、睡眠時無呼吸症候群ぐらいで」

このような考えはいけません。

体にも大きな影響も出てきますので、なるべく早く
治療を受けた方がいいでしょう。