旦那のいびきを改善させる!TOP > 無呼吸症候群について > 無呼吸症候群のグッズ


1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

いびきの事でお悩みのあなた!

1日10分でいびきを元から絶つ方法を公開中!

いびきが原因で丸1年間夫婦別寝室、離婚寸前だった私が、器具や手術に頼らずにいびきを克服し、夫婦円満に戻った方法を今すぐ知りたくないですか?




 



無呼吸症候群のグッズについて!


睡眠時無呼吸症候群では、突然死を招くこともあります。

では、無呼吸症候群を改善させるにはどうすればいいか?

今では、無呼吸症候群を改善させるグッズなどもあるようなのですが・・・。


そこで、今回は、無呼吸症候群を改善させるグッズについて解説してみたいと
思います。


無呼吸症候群を改善させるグッズには・・・

無呼吸症候群を治すグッズって、どのような物があるのでしょうか?

実際にはあるのですが、グッズと言ってもおそらく多くの人が想像するような、
誰でも購入出来るような市販品グッズとは少し違うんですね。

先ず、無呼吸症候群の治療機器には、一番最初にマウスピースがあります。

無呼吸症候群治療用のマウスピースと言うのは、睡眠時の気道を確保する為に、
下顎を前方に突き出すように矯正して喉を広げるグッズになります。

これは、簡易なものならネット通販などでも購入する事が可能ですが、
本来は各個人の口の大きさや顎の大きさに合った物でなければなりません。

例えば、骨盤矯正ベルトや猫背矯正ベルトと言ったように、S・M・Lなどの
サイズから選ぶと言った物とは、本来はまったく違うものになります。

ですので、本当の効果を求めているなら、簡易な市販品を購入するのではなく、
歯科医に最適なマウスピースを作ってもらう必要があります。

ただし、無呼吸症候群と診断された上で専門の歯科医を紹介してもらえば、
保険が適用されますので、もちろん、自己負担額が安くなりますよね。

ちなみに市販されている簡易なマウスピースでは、無呼吸症候群の治療目的と
言うよりは、無呼吸症候群の予備軍的存在であるいびきを改善するのが目的の
物です。

もちろん、考え方や原理は同じで、喉の気道を確保する為のものなのですが、
あくまでも無呼吸症候群の疑いがある人や程度の軽い人、または、
いびきに悩んでいる人が使うもので、重症の方は病院で作ってもらったほうが
いいでしょう。

 



「無呼吸症候群を改善させるグッズ」いかがでしたか!

歯科医で作ってもらうマウスピースなどは、自分に合う物が作れ、
効果もあり、保険も使えるというメリットはあります。

しかし、誰でも作れると言うものではなく、病院で検査をしなければなりません。

ですので、この場合は、やはり重度の方が対象になっています。