旦那のいびきを改善させる!TOP > 無呼吸症候群について > 無呼吸症候群の手術について!


1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

いびきの事でお悩みのあなた!

1日10分でいびきを元から絶つ方法を公開中!

いびきが原因で丸1年間夫婦別寝室、離婚寸前だった私が、器具や手術に頼らずにいびきを克服し、夫婦円満に戻った方法を今すぐ知りたくないですか?




 



無呼吸症候群の手術について!


いびきをよくすると言うのは、いびきの音がうるさいだけでなく、
命に関わるような無呼吸症候群になっている可能性もあります。

症状の重い方の場合では、無呼吸症候群の手術しなければならないことも
あるようです。

そこで、今回は、無呼吸症候群の手術について解説したいと思います。


無呼吸症候群の手術は・・・

無呼吸症候群の治療では、手術が必要な場合もあります。

手術の場合、喉の気道圧迫を減らす為の粘膜や咽頭部切除、扁桃腺摘出が
行われる事が多いようですが、無呼吸症候群を発症している原因が
鼻にある場合ですと、耳鼻科による鼻の手術が行われることもあります。

要するに、無呼吸症候群の手術とは、誰でも同じ手術と言うわけではなくて、
その人の無呼吸になる原因により、判断しなければなりません。

子どもの場合は、特に扁桃腺が原因の場合が多いですので、扁桃腺切除では
大きな効果を得ることが多いのですが、当然、外科手術はリスクも伴いますので、
慎重に判断しなければなりません。

また、最近では、比較的リスクが少ないとされるレーザー手術なども
取り入れられるようになってはいるのですが、まだまだ史が浅く、
その効果などが正確に実証・把握されていないと言うのが現状のようです。

様々なリスクはもちろん、あるものの、対症療法では日々寝る際に
マウスピースやCPAP機器などを装着する手間や寝苦しさがあるのに比べ、
手術ではこれらが改善して根治を目指すことも可能になりますので、
そのメリットは大きいでしょう。

とは言っても、やはり慎重に判断が必要で、現状では重度の患者さんだけを
対象とする病院が殆どのようですね。

ちなみに、鼻の手術の場合ですと、手術後もCAPA機器やマウスピースが
必要な場合もあり、それらの機器の効果を高める事が目的であることも
少なくありませんので、その辺は、担当の医師によく確認する必要があるでしょう。




「無呼吸症候群の手術」いかがでしたか!

無呼吸症候群で症状が重い方の場合は、手術も考える必要があるってことです。

症状の軽い方の場合では、ダイエットをするだけで改善させるケースもあるので、
もし、頻繁に寝ている時に「よく呼吸が止まるよ」とご家族に指摘されたなら、
1度病院でしっかり検査をした方がいいでしょう。

それに病院でたいした事がないと判ったなら安心します。