旦那のいびきを改善させる!TOP > 無呼吸症候群について > 無呼吸症候群の検査方法


1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

いびきの事でお悩みのあなた!

1日10分でいびきを元から絶つ方法を公開中!

いびきが原因で丸1年間夫婦別寝室、離婚寸前だった私が、器具や手術に頼らずにいびきを克服し、夫婦円満に戻った方法を今すぐ知りたくないですか?




 



無呼吸症候群の検査方法について!


無呼吸症候群は、殆ど自覚症状がなく、自分では、気がつかないと
言われています。

よく、いびきをかく人は、無呼吸症候群になっている可能性があるようです。

では、自分が、無呼吸症候群かどうかを確かめるにはどうすればいいので
しょう?

寝ている時に起きるわけですから、夜寝る前に、動画で撮影すれば、
判るかもしれませんが、時間が長いので調べるにも大変でしょう。

では、実際問題としてどのような調べ方があるのでしょうか?


無呼吸症候群の検査方法には・・・

無呼吸症候群の検査には、いくつかの検査方法があります。

先ずは、家族などによる確認ですね。

1回に10秒以上無呼吸になり、それが一晩に5回以上続くようだと
無呼吸症候群と呼ばれ、15回までは軽症、30回までは中症、
それ以上は重症とされています。

おそらくは家族の申告により、これらが判明して、無呼吸症候群を疑って
受診することになる人が多いと思われます。

無呼吸症候群の場合、寝ている間の症状ですので、それを検査するためには
寝ている間の検査をする必要があります。

ようするに、一般的には入院が必要と言う事になりますね。

ですが、その前に自宅で簡易検査をすることもできます。

簡易検査の場合、指や鼻にセンサーを取り付けた状態で就寝してもらい、
血中酸素の量などを測定する方法になります。

これにより、ある程度、重症度を測定することは可能になるでしょう。

しかし、より精密にと言う事になると、やはり入院して検査をしなければ
なりません。

検査は先ず、問診から始められて、診断の為の各種検査が行われます。

そして、入院検査では、PSGと呼ばれる終夜ポリグラフィーを使った
睡眠状態と呼吸状態の検査が行われます。

これは、脳波や心電図・胸部の動き・腹部の動き・鼻の気流・動脈の
血中酸素の計測を行う検査になります。

あと、それとは別に、体型などの骨格検査やメタボリック症候群の検査が
行われる事もあります。

これら検査により、診断が確定すると、その症状に合わせた治療が行われます。




「無呼吸症候群の検査方法」いかがでしたか!

無呼吸症候群かどうか、正確に診断するには、やはり入院して検査をするしか
方法はないようです。

でも、ご家族が指摘していると言うことは、無呼吸症候群の可能性が高いので、
簡易検査でも、無呼吸症候群かどうかは判るでしょう。

検査をしてみて、もし、無呼吸症候群と言うことが判ったら、
次はしっかりと治療をしなければなりません。