旦那のいびきを改善させる!TOP > 無呼吸症候群について > 無呼吸症候群の治療は?


1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

いびきの事でお悩みのあなた!

1日10分でいびきを元から絶つ方法を公開中!

いびきが原因で丸1年間夫婦別寝室、離婚寸前だった私が、器具や手術に頼らずにいびきを克服し、夫婦円満に戻った方法を今すぐ知りたくないですか?




 



無呼吸症候群の治療について!


もし、いびきをかきやすく、無呼吸の状態が続いているなら、
特に注意が必要で、早めに対策を行う必要があるでしょう。

もちろん、無呼吸症候群の治療もあります。

では、実際にはどういった治療があるのでしょうか?

今回は、無呼吸症候群の治療について解説していますので、ぜひ参考にして
みてください。


無呼吸症候群の治療

無呼吸症候群の場合、放置してしまうと様々な病気の原因となり、
場合によっては命の危険もありますので早めに対処したいものですが、
その治療法はどういったものなのか?

無呼吸症候群を発症している方の多くは、肥満が要因となっています。

ですので、先ず、生活習慣を改善して、肥満を解消しなければなりません。

要するに、ダイエットですね。

無呼吸症候群の治療では、その重症度によっても個人差があります。

重症の患者さんの場合では、早急に痩せなければならないケースもあるでしょう。

ですので、その人の症状や体質に合わせた治療法が行われます。

治療には主に二種類あるのですが、その1つが原因を解消して症状を
改善させる根治療法です。

これは、生活習慣の改善によるダイエットになります。

それに対して、日々の無呼吸を少しでも減らすための対症療法と言うのが
あります。

特に症状が重症の方の場合、この方法も併用していく必要があるでしょう。

また、この対症療法にも、いくつかの種類があります。

先ず1つが、仰向けで寝ないように、寝る姿勢を改善する努力や
工夫をすることです。

そして、マウスピースを利用して、喉の気道を確保するという方法もあります。

マウスピースは歯科医で作ってもらいます。

その他にも、鼻に装着するタイプの酸素マスクのようなものを利用する
シーパップ療法と言うのも効果的だと言われています。

始めは寝苦しく感じるようなのですが、高血圧や肥満の改善効果もあると
言われていて、特に注目されている治療法です。


「無呼吸症候群の治療」いかがでしたか!

1つの目安としては、肥満かどうかです。

明らかに肥満と言う方は、先ず、ダイエットを行う必要があるのですが、
肥満の方の多くは食べ過ぎている傾向があり、カロリーオーバーが考えられます。

ですので、食べる物を見直すことから始めるようにしましょう。

また、一日の摂取カロリーは2000カロリーぐらいを目安にすると
いいと思います。

先ずは、出来ることから始めてみてはいかがでしょうか。