何が原因なのか?

 
胸焼けの原因にはどのようなものがあるのか?

よく食べ過ぎたり、飲みすぎたりした時って起こりやすいですよね。

もちろん、その人によっても胸焼けの原因は違いますが、主に次のようなことが挙げられます。


胸焼けの原因には・・・

・肥満
・刺激物の摂取
・暴飲暴食
・ストレス
・妊娠
・先天性な体質の方


これらがあるんですね。

つまり、胸焼けの原因は一つだけではないということです。


♪胸焼けを解消させるにはコチラ

今すぐ役立つ無料音声セミナー60分


肥満

まず、肥満に関して言えば、腹部の脂肪により、胃が圧迫され、胃液が増加したり、胃酸が逆流しやすくなり、その結果、この症状を起こしやすくなります。


刺激物の摂取

次に刺激物もよくはありません。

例えば、煙草、アルコール、コーヒーなどが挙げられます。

これらは、胃酸分泌を促進させる作用があるので逆流しやすくなりますので、これが原因となってしまいます。


暴飲暴食

他にも暴飲暴食に関して言えば胃に負担がかかりますし、消化が悪い物を食べれば胃に負担をかけますので、これも胸焼けの原因になってしまいます。


ストレス・妊娠

さらにストレスが原因になっている場合もありますし、妊娠してからこの症状に悩まされる人もいます。


先天性な体質の方

人によっては、先天性な体質の方もいると言われています。

このように胸焼けの原因は様々なんですね。

特に食べることに関しては、大変、深い関係がありますので、刺激物が好きな方や暴飲暴食をしてしまう方は、食生活の見直しを行うようにしましょう。



胸焼けの対処法について!


では、胸焼けの対処法はどうすればいいのか?

もちろん、あまりにも酷いような場合には病院で診てもらった方がいいわけですが、軽度の症状であれば、自分でも対処することは可能です。

具体的には以下の事を意識してください。

・ガムを噛む
・お腹を圧迫しない
・寝る姿勢を工夫する
・食生活に注意する


など。


ガムを噛む

簡単にできる方法としては、ガムを噛むのがいいと思います。

ガムを噛むことで唾液を多くでますので症状を抑えることができます。

また、食事に関しても、唾液を出すという意味で、よく噛むことをお勧めします。


お腹を圧迫しない

次にお腹を圧迫しないように意識してください。

ベルトがきつい場合、お腹を圧迫することになり胃酸が逆流しやすくなるんですね。

なので、ベルトはきつく締めるのではなく、少しゆるめにするように意識しましょう。


寝る姿勢を工夫する

寝る姿勢を工夫することで、症状が改善されますので次のことに意識してみてください。

背中に座布団を敷き、20度〜30度ほど上半身を上向きにする!

このようにすると胃酸の逆流が抑えられますので、症状が起こりづらくなります。


食生活に注意する

最後ですが、よくこの症状を起こすような人は食生活を見直すようにしてください。

上記の胸焼けの原因でも書きましたが、暴飲暴食や刺激物が強いものを食べていれば治りませんし、さらに悪化してしまいます。

ですので、この機会に食生活の見直しを行いましょう。