【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!TOP > 健康維持のために! > 自律神経について!

自律神経について!

普段から健康を気にしていても、何らかの体調不良になる可能性もあります。

例えば、頭痛や下痢、動悸や眩暈などの不快な症状はいつ誰が起きてもおかしくは
ありません。

特に原因も思い当たることがなく、病院で検査をしてみても、何の異常も
見つからないなんて場合は、もしかしたら自律神経が狂ってしまっているかも
しれません。

そこで、今回は、自律神経について考えてみましょう。


自律神経について!

自律神経が狂ってしまうと、一体どのような症状が出てくるのでしょうか?

また、その対策などはあるのでしょうか?

先ず、自律神経ですが、これは自分ではコントロールする事が出来ない自動的に
働く神経の事を言います。

例えば、心臓などは意識しなくても勝手に動いていますが。このような神経の
事です。

自律神経は・・・

「交感神経」

「副交感神経」


この2つに分類されているのですが、この2つが無意識のうちに上手に
切り替わる事により、私達は健康を維持しています。

この自動的な切り替わりが、上手く行かずに狂ってしまうと、肩こりや頭痛、
腰痛、関節痛、倦怠感、動悸、のぼせ、胃の不快感、手足の痺れ、頻尿など、
色々な症状が現れてきます。

それだけ、自律神経は健康を維持する為に、大変に重要な役目を持っていると
言うわけです。

この自律神経の働きを正常に保っていく為の対策には・・・

・早寝早起きする
・規則正しい生活を送る
・ストレスを溜めない
・物事にくよくよしない


などが挙げられるでしょう。

また、自律神経の働きを良くする為には、なによりリラックスする事が
一番効果的です。

自律神経の乱れと言うのは、将来的にも、重大な疾患へと繋がる危険性もあります。

ですので、もし、悪い生活習慣を送っていたり、過度なストレスを感じる環境に
いたる場合は、早急に改善しなくてはいけません。




「自律神経について」いかがでしたか!

自律神経のことを色々と書きましたが、健康維持させる為にも生活習慣を見直して
みる必要があります。

上記で書いてある対策は、自律神経だけに限りませんので、ぜひ試してみて
ください。