【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!TOP > 健康維持のために! > マーガリンやショートニングは危険?

マーガリンやショートニングは危険なのか?

普段、安心して摂取しているものでも、実はあまり体に良くない物って
あるようです。

中でも、マーガリンやショートニングは、誰でも普通に摂取します。

では、マーガリンやショートニングは安全なのか調べてみましたので、
参考にしてみてください。


マーガリンやショートニングは危険?

マーガリンの場合、植物性だから、バターを使うよりもヘルシーだと思い、
朝食のパン等に使用している人も多いでしょう。

また、ショートニングを使うと、さっくりと焼き上がるので、お菓子作りに
よく使用されています。

どちらとも普段から当たり前のように使用していますが、実は健康維持の為には
マーガリンもショートニングも危険な食べ物なんですね。

では、一体何が危険なのでしょうか?

先ず、問題になってくるのが、マーガリンやショートニングに含まれている脂肪、
「トランス脂肪酸」と呼ばれているものです。

このトランス脂肪酸を摂取すると、プロスタグランジンと言う血圧など、
様々な体の機能を微調節する重要な物質であるホルモンが作られなくなって
しまいます。

そして、トランス脂肪酸を排泄する為の代謝には、大量のビタミンとミネラルが
消費されてしまうと言われています。

また、私達の体内の細胞を傷つけてしまい、ガンの原因にもなると言う
研究結果まで報告されているのですね。

実際に、このトランス脂肪酸の有害性から、オランダではトランス脂肪酸を
含む油脂製品が販売禁止に、また、デンマークでも毒物扱いとされて禁止されて
いるようです。

ちなみに、アメリカやカナダでは使用禁止の運動が起きている状況なんだとか。

日本ではまだまだマーガリンやショートニングの危険性が十分に認知されて
いるとは言えなくて、今でも当たり前のように私達が口にする食品に含まれて
いるのが現状です。

ですので、健康を維持していく為には、このようなトランス脂肪酸を含む食品は
避けた方が無難だと思います。




「マーガリンやショートニングは危険?」いかがでしたか!

マーガリンやショートニングにしても、普段から普通に摂取しているものなので、
ちょっと心配ですよね。

また、今ではトランス脂肪酸が少ないマーガリンなども販売されているよう
なので、どうしても気になる方はチェックしてみてください。