【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!TOP > 健康維持のために! > 成人病とは?

成人病について

普段から健康維持を意識している方は、それほど心配はいりませんが、
不摂生が続いているような方の場合、成人病に掛るリスクは高くなり、
注意が必要となります。

では、成人病とは、いったいどのような病気を指すのでしょうか?

中にはあまり関心がない方もいるようなので、成人病について詳しく
解説します。


成人病について・・・

成人病ですが、これは日常生活の中で不規則な生活習慣を続けていくことで
引き起こる病気のことを言います。

以前は、成人病は成人している人だけが患う病気で加齢に伴い患う病気で
あるとされていましたが、最近では、大人はもちろん、子供でも掛る病気とされ、
一般的に生活習慣病と呼ぶようになりました。

例えば・・・

・不規則な食生活
・飲酒
・喫煙
・運動不足
・睡眠不足
・ストレス


これらが積み重なることにより、成人病を患ってしまう可能性が高くなるのです。

日本人の死亡率の3分の2の人が、なんと成人病で死亡しているとも言われて
います。

成人病とは、不健康な生活を送っていると患う疾患の総称です。

どのような疾患があるかというと・・・

・糖尿病
・脳卒中
・心臓病
・高脂血症
・がんなどの病


これらが成人病の一種となります。

成人病の中でも特に恐ろしい病と言うのは、心臓病・がん・脳卒中です。

ちなみに、これらは三大生活習慣病とも言われています。

その他にも、高血圧や肥満なども成人病の中に含まれています。

肥満や高血圧など、成人病の中には自覚症状がない病気もあり、
気をつけなければ、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの大きな病気へと
発展して、最悪、死に至る場合も少なくありません。

毎日の習慣や食生活から、成人病にならない為にも健康を意識することが
大切になります。

成人病と言う病は意識して規則正しい生活を送っていれば、防ぐことの
できる病気です。

そして、成人病を早期発見、早期治療する為にも、30代を過ぎたら
なるべく定期的な健康診断を受ける方がいいでしょう。

成人病は自覚症状がないくらい早いうちに発見して、適切な治療を
行うようにすれば、改善出来ることが多いです。

その逆に、自覚症状が出てしまってからでは、完全な回復が見込めない
くらい病状が進行してしまっていることも少なくありませんので、
注意しないといけません。




「成人病について」いかがでしたか!

いかに普段の規則正しい生活が大事なのかがお分かり頂けたかと思います。

今は大丈夫なようでも、生活習慣が乱れてしまうと、いずれ成人病になり、
最悪には死に至ることもあります。

ですので、自分の健康を守るために今一度、生活習慣を見直しておきましょう。