【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!TOP > 健康維持のために! > なぜ運動が大切なのか?

なぜ運動が大切なのか?

健康維持の為に運動するというのは大事です。

では、どうして運動することが健康維持に繋がるのでしょうか?

多くの方は、運動は体に良いということは判っていても、説明するとなると
答えられないようです。

そこで、このページでは、どうして運動すると健康維持に繋がるのか
解説してみたいと思います。

特に運動不足の方は参考にしてみてください。


なぜ運動が大切なのか!

健康を維持する為には、運動することが大切と言われていますよね。

しかし、無理をして激しい運動をする行為というのは、逆によくありません。

適度な運動をすると、食事で摂取したエネルギーが消費されます。

もちろん、蓄積された脂肪を燃焼してくれるのです。

エネルギー消費や脂肪の燃焼が行われないままだと、高血圧や糖尿病などの
病気を引き起こしてしまうリスクが高まるでしょう。

健康維持に最適な運動というのは、ウォーキングなどの軽い運動ですね。

ウォーキングや水泳と言うのは、有酸素運動と言われて、脂肪を燃焼するのに
大変効果的になります。

呼吸をして体内に酸素を取り入れながら運動をすれば、効率よく脂肪燃焼させて
くれます。

そして、有酸素運動を継続することで、体内への酸素の供給が効率的に
行えるようになるので、血液循環が良くなるというわけですね。

これにより、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの恐ろしい病気の予防にも
繋がるでしょう。

他にも適度な運動には、様々な効果があります。

運動をすると、骨に力が加わりますので、骨が丈夫になっていくでしょう。

また、筋肉が鍛えられますので、筋力のアップにもなりますし、関節や筋肉も
柔らかくなっていきます。

ですので、適度に運動を行えば、体重のコントロールや、脂肪や血糖値、
コレステロール値など、増加すると病を引き起こすあらゆる数値を
改善することが出来ます。

普段の日常生活の中では、あまり運動する機会は少ないかもしれませんが、
少しだけでも意識すれば、生活習慣病の予防になるということです。

例えば、通勤する場合、徒歩にしたりするなど工夫してみてください。

そうすることで、運動不足の解消にも繋がります。




「なぜ運動が大切なのか!」いかがでしたか!

運動で得られるメリットがお分かり頂けたかと思います。

ポイントは適度な運動です。

普段から運動不足の人がいきなりハードな運動を行っても体を壊すだけですので、
注意してください。

もし、外で運動するのが苦手なんて方は、自宅でも有酸素運動が
出来る方法として、踏み台昇降があります。

階段などを利用したり、雑誌を束ねた物でも構いません。

テレビや音楽を聴きながら、1日20分程度、踏み台昇降を行ってみてください。